ソニー銀行には、「変動セレクト住宅ローン金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)プラン(考えや構想をいうこともあります)」と、「住宅ローン金利プラン(考えや構想をいうこともあります)」がありますね。「変動セレクト住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますプラン(計画や案のことをいいます)」は、適用期間中、金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)が年1.2パーセント引き下げられ、金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)0.872%となるでしょう。また、事務手数料は、返済金額の2.1パーセント。「住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)プラン(考えや構想をいうこともあります)」は、全期間一律金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)が年0.9パーセント引き下げられ、固定5年の場合で金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)1.182パーセント。事務手数料は、42000円になりますよ。保証料はタダです。そのうえ、ソニー銀行が保険料を負担してくれますから、団体信用生命保険にもタダで入ることができます。繰上げ返済手数料もタダで、1万円から返済ができます。他の銀行では、繰上げ返済が一円からOKの所もあるんですが、中には100万円単位でしか繰上げ返済ができない所もあるため、一万円から繰上げ返済できるのは良いでしょう。変動金利から、固定金利へ。固定金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますから、変動金利へと手軽に変更ができるのも、魅力のひとつとなるのです。翌月の金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)が、前月の2週間前に発表されるので、金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますを見ながら変更ができると思います。ただ、ソニー銀行は、他の銀行よりも必要な書類が多いようで、審査にも多少時間がかかるになると思います。それに、電話での対応にも当たり外れがあるそうです。丁寧な方は丁寧になりますが、対応が悪い方は悪いようですので、もし、電話口の方の対応が悪ければ、もう一度かけ直して、他の人につうじるのを待つのもいいですね。審査も厳しいようですから、お申込みを行う方は、それを覚悟してお申込みされると良いですよー